流れ藻予測モデル

2024年2月27日更新

 

流れ藻予測モデル

(〜2024年2月29日:日本時間)
流れ藻を模倣した粒子の移動・分散(白丸)。カラーは海面水温(赤の高水温帯が黒潮)

2月13日のSentinel-2 衛星観測から見つけられた流れ藻の位置に粒子を50個ずつ配置した計算結果

 

粒子が数多くある海域に流れ藻が集積している可能性があります。

 

 

 

*過去の予測結果はこちら

*次回、2024年3月1日頃更新予定